ハッピーバースディサポート - 未来見基(MIKIMIKI)










ープロフィールー

いのちとの胎話士
ソウルヒーラー
サイキックサイコカウンセラー
 エリクソン催眠士 
 苫米地式クライシスサイコロジスト
 コラージュリーディングセラピスト
  (水の結晶伝道師)
 マインドブロックバスターインストラ

講演家・執筆家
プランナー・コーディネーター
(各種イベント・ミュージカル・音楽朗読劇・各種デザイン・CD制作など)
★~☆~☆~☆~☆~★
2006/11/15放送映像
絶版
価格/1,260円(税込)
巻末に胎話について執筆しております。
監修: 池川 明
価格/1,050円
著者:池川明
価格/1,155円
未来見基の生い立ちなど第7章節で紹介。
発行:学研
 
ほか

母親の摂関と躾という
厳しい名のもとの虐待や性的虐待、
15歳で自殺未遂家庭崩壊、一家離散。

その中で5歳の時から氣づけば
いつの間にか磨き上げたのが
“胎話”というコミュニケーションだった
 
幼い時から“いのちの神秘”・"誕生"
“うまれる”・"死ぬ"・“心とは?”・
“生きるとは?”という
投げかけや興味を抱きながら、
両親のパートナーシップの悪さと
病んだ大人の心を感じ人間の心、
生き方、あり方を探求し始める 

「お前なんかクソの役にも立たない
 ゴミ以下の人間」
「人間失格、生きている価値もない」

この呪縛から解放されるのに
実に長い時間がかかりました 。

人はどんなイノチも価値がある
輝かなくていいイノチ・
輝かないイノチなどあるわけがない 
大人になったら子どもの心に
耳を傾けイノチに寄り添える
大人になる!

私は、子どもの心、
イノチを伝える大人でいる!!
 
とらえる観点が個性的で
目に見えないものを感じあう
インディゴチルドレンだった 。

15歳の時の自殺に失敗した時に
再び飛び降りることが怖くなり、
死ぬ勇気さえも亡くした震えている
自分の体の中・心・頭に「生きろ!」
男の人の力強く叫ぶ声が聴こえた。
 
「いつか必ず役に立つ時が来る、
 意味が解る時が来る」

人生の教えを体をはって見せてくれる
両親の生きざまといまの環境が
テキスト!
 いつかの笑顔の人生のために、
勇気をもって生きてみよう 
それでもだめな人間なら
その時死のう!

そこから目には見えないが
自分との対峙と深い胎話が始まった。

それからさまざまなことを
乗り越えてゆく 。

それまで3歳のときから歌う人に
なることを目指していたが
これから訪れる心の闇の時代に備え
カウンセラーが各家庭・会社、学校に
必須となると感じカウンセラーになる
こと決めた。

東洋医学を取り入れた治療師で
生きることも目指すが諦める。

心理学専門の大学に進学した先輩をみて
真の意味で実践で活かせ自分が望む
ハウツーがないと感じ大学進学も挫折 。

カウンセラー募集という広告を見て
エステ業界に就職するが後にひとりの
拒食症の36キロの高校生と出会うことがきっかけで再びカウンセラーになることを決意 。

拒食症の女の子の対応に美容業界での限界とより所のない心の現状を感じ、
施術の代わりにコミュニケーションセラピーの胎話を行った 。

母子と父子との関係性の中心を閉ざしたその子に少し笑顔が戻り始め、落着きを取り戻したころ、その子の担当に入れない日が続く その数日後
「死にたい、助けてください。どうすればいいですか?」「死にたい、死にたい」と叫ぶ一通の手紙が届き受け取る。

その助けに答えられず打ちひしがれた
無力さを嘆くだけで何もできず返事も書けなかった日を境に変わってゆく。

その後再び
カウンセラーで生きることを決意し、
美容の悩みではなく、心に栄養を与えるセラピストへとエステ業界を辞職。
そしてカウンセラー学校に入学。
しかし講師陣の病んだ心と闇を見て
現存のカウンセリングに限界を感じで、
その場で退行。やめてしまう。 

実践で身につける以外、テキストでは
心は学べない。すぐに活かせる技をもちたい!人生から学ぶしかない。

そう望んだ通り、様々な体験を積むことになる 。

すべての自分自身につながる基

自分の両親との関係や
自分を理解することは
両親を理解することにもなる。

両親を理解することは、
自分を理解することになる。

自分を理解することは、
人をも理解することになる 。

すべては許すことで和してゆく
理解することで和してゆく 。

自分の今につながる基を和して正して、
改めて運びなおすと未来も開きます 。

未来見基とは、、。
豊かな幸せな笑顔を
豊かな未来を招き創りたいのなら
未来の基を見つめ、基をつくり、
基を和し、基を正す。

そんな意味が込められている 未来見基
私自身のつたない人生の中で
実践で得たことでもあり
4人目を妊娠中に教わったことでもある
 
そうしていま、、、。
既存のカウンセリングで
見通しがつかない人や人間関係で悩む、
引きこもり、自閉症、自己探求で苦しむ
マタニティブルー、育児ノイローゼ、
流産、死産によるクライシス、
インディゴやクリスタルチルドレンの
育児相談、リストラによるウツ、
夫婦間の問題、人生問題性の悩み、
ペットロスなど
老若男女問わず、胎児から大人まで
動物、植物まで 
ありとあらゆる方から、
あらゆる問題の相談が寄せられる
駆け込み寺の肝っ玉母さんになっている。

出逢った方々は3万人以上。
HUGマザーと呼んでいただき
HUGを皆に求められます。

少しでもお役に立てれたら禧です 。
 
22歳で結婚、
自らの妊娠中から胎教と胎話育児を始め
当時(1995)育児書にはない斬新な
スタイルで、胎教と胎話による育自の
大切さと、胎児にも子どもにも意思があることを伝え始める。

同時に母親になることへの恐れ
母と同じ事をしてしまうのではないかという恐怖。

長男の先天性奇形・
アトピー児の帝王切開による出産や
二人目以降お産三大リスクの中
VBAC出産への厳しい挑戦であらためて誕生という出産までの胎教という時代が母子の心身の安定と誕生後の生育と絆にいかに影響を与えるかを確信する。

その後、自分とお腹の赤ちゃんと
宇宙の呼吸を合わせ胎話を行い、
家族だけで自宅出産をすることになり
お腹の赤ちゃんと胎話を行いながら
スピリチュアルバースを体験する。

最高の出産を経験し、その妊娠、出産、育児で母親との関係に癒しと調和が訪れるが自分を取り戻す旅はまだ続く。 

虐待被害者から加害者の立場の葛藤、
リストラ、倒産による経済困窮。
アダルトチルドレンの主人との離婚を
経験する 。

そんな生活の中で、4人目のこどもの
妊娠と同じくスピリチュアルバースの
胎話出産と子育てを通じて自己を癒し、自分との関係に癒しと調和が訪れ
子どもと自分の聖地を巡るヒーリングの旅に出る 。

1999年からヒーリング活動を始める老若男女沢山の人々に出逢いHUGをしてゆくうちに人々からHUGマザーミラクルワーカー(奇蹟の人)と呼ばれ始める 。

縁ある人々が家に訪れるようになりクリスタルチルドレンの子どもたちに
出逢った人々の癒しと許しの解放と
輝く姿を見て子どもたちから様々なことを教わる 。

幼少時からの目には見えないけど
確かに感じる能力とネイティヴ
コミュニケーション能力を活かし
Love&Peace,Thanks&Harmonyで
生き平和への世直しの道を歩むことと
結婚生活に終止符を打つことを決意。

2005年4人のシングルマザーとなるも 
2007年新しいパートナーと出逢い
ハートフルなファミリーを育み
母との関係も良好を築く。
いまでは、両親への感謝と生きている
喜びを堪能している。

真の絆を育みあう
最初の人間関係の胎教時代。

自分自身の母の子宮にいた胎内記憶や
出産後の記憶があることから
胎児につながる世界
胎児にも意思がある世界
子どもにも意思があり、伝えたい
メッセージがあることや

これからの時代の教育は
響きあう響育
魂(イノチ)輝く教育、
真の生命教育を
多くのありとあらゆる年齢と人々に
伝えたく胎児に導かれ魂の姉妹に出逢い2007年胎教博を開催 。

その胎教博開催への道で
国生みの伝説淡路島で最高で
最強の理想のパートナーに出逢う 。

胎教博開催後、23歳年上の視覚障害者でもある演出家・脚本家と一緒になる 。
主人と共に創作活動を行い
ドラマラスな人生の中で得てきた
未来につなげたい“イノチ輝く”
魂の教えとヒューマンでハートフルな
メッセージ。愛と平和のメッセージを
朗読劇、シンガーとしても伝える 。

2017年胎児と話して23年目を迎える。
車で出かけた走行距離も91万キロを超え出逢った人々も3万人を超え
胎児と子どもたち、魂の求める声に
応える活動はまだ続く、、。  

希望者に、
人生相談・育児相談・
胎話リーディング・
胎教カウンセリング・
胎話の方法を教える胎話の学校や
真の胎教を学ぶいのちの学校・
胎児との胎話を行う胎話士・
リーディングセラピストの育成などを
行う。
 
他のヒーリングスクールや、
セラピストスクールから講師依頼にも
お応えしております 。

巷では胎話第一人者、
胎話&胎話士生みの親として
盛り上げていただいています。 

光の子ども達とその親のサポート。
イノチを輝かすお手伝いが
私のライフワークです  。

日本から世界に向けて発信したい
眞の胎教の尊さ。
人育ては最も尊い仕事であり国を興し、未来を興す偉大な事業であること 。

心づくり、人育ては、胎教から
いやその前からすでに始まっている。

 いまや両親のみならず周囲の大人や
社会が胎児の世界から、
子どもの世界から学ぶ必要がある 
「胎教からの世直し」「子宮は語る」「胎児からの伝言」出版に向けて
執筆中。

ぜひ出版にあたりご協力いただけるかたのご連絡をお待ちしております。

学校教育の中で、死生学と同じように
胎話胎教学やコミュニケーション方法を
学んだり、感情との付き合い方などを
学ぶいのちの響育も取り入れられる
日本になりますように、。